弁護士に頼る法律問題【刑事事件もスカッと解決】

裁判

事前に相談

スーツ

経営が困難になっている経営者が多くいます。会社の経営で困っている人は、会社破産してしまう前に相談して解決できるところがあります。それは、実績と信頼がある弁護士に相談することで解決できます。

View Detail

返還請求を行なう

裁判

近年ではクレジットカードなどを利用する方も増加しています。そのため過払い金などが発生している方も多いようです。過払い金は返還請求をすれば消費者金融から返してもらえるので専門業者を頼って返還請求を行ないましょう。

View Detail

税理士と一緒に対策をする

スーツ

相続税制度が大幅に改正された現在では基礎控除が大幅に引き上げられてしまったので相続の際の相続税対策が非常に重要になってきました。このような税金に関する問題は税理士を頼ると良いでしょう。

View Detail

専門分野がある

木槌

訴訟の場合は弁護士に頼むといいでしょう

離婚に弁護士は必ず必要なものでしょうか。実は、必ずしもそうとはいえません。離婚はまず、夫婦の話し合いによる協議離婚が行われ、それで合意できない場合は調停離婚、それでも難しい場合は訴訟となります。弁護士を立てた方がいいのは、実は訴訟の場合のみです。 訴訟の場合はまず弁護士事務所に相談して、現在の状況を伝え、どのような手続きを進めるべきかを話し合います。この時は、夫婦や子供の個人情報や、財産についてのメモを持参すると、限られた時間内で効率よく話をすることができて便利です。また、弁護士事務所は相談料がかかることが多いのですが、最近は無料の所も増え、相談しやすくなっています。その他にも、予算に応じた離婚訴訟のプランを設けている事務所も増えています。

協議離婚や調停でも依頼することはできます

それでは、協議離婚や調停の場合は、弁護士はつけるべきではないのでしょうか。そのようなことはありません。協議離婚であっても、夫婦が既に別居しているとか、夫がDVで話が進まない場合は、間に入ってもらった方がうまくまとまることもあります。また調停でも、弁護士に頼むとアドバイスをもらえることもありますし、書類を代わって作成してくれたりもします。ただしその分の費用が、最高で50万円ほどかかります。 また中には、離婚を弁護士に頼みたいけど、なかなかお金が出せないという人もいるでしょう。そのような場合は法テラスの利用がお勧めです。無料相談ができて弁護士も紹介してもらえますし、収入額が一定の基準を満たさない場合は、費用を一時的に立て替えてもらえますので、まず法テラスに連絡することをお勧めします。

刑事事件も任せられる

刑事事件などを起こしてしまった場合は非常に多くの問題を抱えているので引き受けてくれない弁護士も多いのですが、そのような場合は刑事事件を専門に扱っている弁護士を利用しましょう。また、そのような際には問題を解結してくれるために尽力してくれる弁護士を探しましょう。